後口(読み)アトクチ

デジタル大辞泉の解説

あと‐くち【後口】

飲食したあと口の中に残っている味や感じ。あとあじ。
自分の言動のあとの気分。あとあじ。「けんか別れになって後口が悪い」
申し込みなどの、あとの順番。あとに待っているもの。「後口が控えている」⇔先口(せんくち)

しり‐くち【後口/尻口】

《「しりぐち」とも》牛車(ぎっしゃ)などの後方の出入り口。
「尼の車、―より水晶の数珠、薄墨の裳、袈裟、衣、いといみじくて、簾はあげず」〈・二七八〉
後ろと前。あとと先。
「―首尾つづまらぬ答なり」〈一字般若〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとくち【後口】

〔多く不快な感じについていう〕
飲食したあと、口に残る感じ。あとあじ。
物事をしたあとに残る感じ。あとあじ。 「 -が悪い」
申し込みなどの、あとの方のもの。また、あとに続く約束。 ⇔ 先口 「 -がかかる」
あとの方の順番。 「 -に回される」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐くち【後口】

〘名〙
① 二回以上にわたって同様のことがあったりしたりする場合の、あとの方。
(イ) 残ったあとの方。「あとくちが千円支払い残になっている」
(ロ) (申し込みや約束事などで)あとの方のもの。あとからの申し込み。あとにつづく約束。
※歌舞伎・当龝八幡祭(1810)二幕「庄八玉屋に跡(アトクチ)が懸って居ります」
(ハ) あとにつづく者。あとがま。「あとくちが控えている」
② 飲食したあとの口。また、飲食したあと、口に残る感じ。比喩的に、何か言ったりしたりしたあと。また、そのときの気分。あとあじ。
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉一〇「さも旨かったと言ふやうに、かれはあと口を舐め廻しながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後口の関連情報