コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後宮からの誘拐

1件 の用語解説(後宮からの誘拐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

後宮からの誘拐

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルトドイツ語による全3幕のオペラ(1782)。原題《Die Entführung aus dem Serail》。『後宮からの逃走』とも呼ばれる。16世紀のトルコを舞台に、スペインの貴族ベルモンテがトルコの太守セリムの後宮(ハレム)から恋人コンスタンツェを救い出すという物語。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後宮からの誘拐の関連キーワードジュピター戴冠式アヴェ・ヴェルム・コルプス音楽の戯れジュノムハイドンセットハフナーモーツァルテウム管弦楽団リュツォウロドロン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone