コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後宮からの誘拐

デジタル大辞泉プラスの解説

後宮からの誘拐

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルトのドイツ語による全3幕のオペラ(1782)。原題《Die Entführung aus dem Serail》。『後宮からの逃走』とも呼ばれる。16世紀のトルコを舞台に、スペインの貴族ベルモンテがトルコの太守セリムの後宮(ハレム)から恋人コンスタンツェを救い出すという物語。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

こうきゅうからのゆうかい〔コウキユウからのイウカイ〕【後宮からの誘拐】

《原題、〈ドイツ〉Die Entführung aus dem Serailモーツァルトのドイツ語によるオペラ。全3幕。1782年にウィーンで初演。16世紀のトルコを舞台に、主人公であるスペイン貴族のベルモンテが、トルコの太守セリムの後宮(ハレム)から恋人コンスタンツェを救出しようとする物語。後宮からの逃走。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

後宮からの誘拐の関連キーワードテオドール グシュルバウアージングシュピールリーザ オットー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android