後宮からの逃走

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後宮からの逃走
こうきゅうからのとうそう
Die Entfhrung aus dem Serail

モーツァルト作曲のオペラ(K384)。全3幕。1782年ウィーン初演。ブレッツナーの台本をシュテファーニが改作した。16世紀のトルコを舞台に、スペインの貴族ベルモンテが太守セリムに捕らわれている恋人コンスタンツェを後宮から救い出す物語で、異国情緒や拷問の恐怖などを前面に押し出す一方、逃走に失敗した2人を太守が許す結末では、普遍的な人間性に対する信頼も強調しているところが特徴である。音楽は、基本的に当時のジングシュピール(歌芝居)のスタイルを踏襲しているが、アリアの強い表出力や人物の徹底した性格描写には、すでに19世紀ドイツ・オペラの萌芽(ほうが)をみることができよう。わが国では1956年(昭和31)に初演された。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後宮からの逃走の関連情報