後流(読み)こうりゅう

大辞林 第三版の解説

こうりゅう【後流】

静止流体中を物体が運動する時、物体が通り過ぎたあとに後方にできる流れ。伴流。条件により、安定した層流、カルマン渦列、乱流になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うしろ‐ながれ【後流】

〘名〙 棟(むね)より後方の屋根。⇔前流れ。〔日本建築辞彙(1906)〕

こう‐りゅう ‥リウ【後流】

〘名〙
① 船の通ったあとに見られる航跡のように、物体が静止流体の中を運動する時、物体のうしろにまわりこむ流れ。運動速度が遅い場合は定常的な層流となるが、速度が増すに従って渦(うず)を発生し、ついには乱流となる。伴流。
② 化学の実験などで、液体体積を測定する時、ビュレットピペットのガラスの壁面が液体によって濡(ぬ)らされる現象。濡れの分だけ測定値の誤差となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後流の関連情報