後流(読み)コウリュウ

  • うしろながれ
  • こうりゅう ‥リウ
  • こうりゅう〔リウ〕

大辞林 第三版の解説

静止流体中を物体が運動する時、物体が通り過ぎたあとに後方にできる流れ。伴流。条件により、安定した層流、カルマン渦列、乱流になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 棟(むね)より後方の屋根。⇔前流れ。〔日本建築辞彙(1906)〕
〘名〙
① 船の通ったあとに見られる航跡のように、物体が静止流体の中を運動する時、物体のうしろにまわりこむ流れ。運動速度が遅い場合は定常的な層流となるが、速度が増すに従って渦(うず)を発生し、ついには乱流となる。伴流。
② 化学の実験などで、液体の体積を測定する時、ビュレットやピペットのガラスの壁面が液体によって濡(ぬ)らされる現象。濡れの分だけ測定値の誤差となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後流の関連情報