コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤厚甫 ごとう こうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤厚甫 ごとう-こうほ

1769-1786 江戸時代中期の儒者。
明和6年10月6日生まれ。讃岐(さぬき)高松藩の儒者後藤芝山の子で,小芝山とよばれた。京都の柴野栗山(りつざん)のもとで勉学中,天明6年4月5日病死。18歳。名は師張。通称は小三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

後藤厚甫の関連キーワード田沼時代ヘルダー三浦梅園ナポレオン[1世]オールドタウンクレメンス13世クレメンス14世小石元俊歌川豊国ポツダムの新宮殿

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android