コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤碩田 ごとう せきでん

1件 の用語解説(後藤碩田の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤碩田 ごとう-せきでん

1805-1882 江戸後期-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,国学者。
文化2年2月20日生まれ。田能村竹田(たのむら-ちくでん)らにまなぶ。高山彦九郎と親交のあった父の影響をうけ,小河一敏(おごう-かずとし)らと攘夷(じょうい)論をとなえる。明治4年郷里豊後(ぶんご)(大分県)の西寒多(ささむた)神社主典。13年権(ごんの)大講義。明治15年5月25日死去。78歳。名は真守(まもり)。字(あざな)は大化。通称は今四郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

後藤碩田の関連キーワードネルソン序曲ムハンマド・アリーネルソンネルソン隠れキリシタン早稲田大学内田五観内田五観内田五観

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone