コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤純平 ごとう じゅんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤純平 ごとう-じゅんぺい

1850-1877 明治時代の代言人。
嘉永(かえい)3年生まれ。明治3年生地の豊後(ぶんご)大分郡で日田一揆を指導し逮捕される。6年出獄して法学をまなび,のち大分県中津で代言人(弁護士)となる。西南戦争がおきると,増田宋太郎らとともに中津隊を組織し西郷軍にくわわる。鹿児島の城山で降伏し,明治10年10月20日処刑された。28歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

後藤純平の関連キーワード縮合逃亡奴隷法ローズおもなお雇い外国人テーラーゴールド・ラッシュボルジア上野彦馬ヘルムホルツ道光帝

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android