後藤貞行(読み)ごとう ていこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤貞行 ごとう-ていこう

1850*-1903 明治時代の彫刻家。
嘉永(かえい)2年12月23日生まれ。紀伊(きい)和歌山の人。陸軍軍馬局などにつとめ,かたわら高村光雲に師事して馬の彫刻を得意とした。明治23年東京美術学校(現東京芸大)雇となり,光雲のもとで「楠公像」の馬,「西郷隆盛像」の犬を制作した。明治36年8月30日死去。55歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android