コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐州会戦 じょしゅうかいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐州会戦
じょしゅうかいせん

日中戦争中,1938年4月から日本軍が徐州 (江蘇省) を目標として,津浦線の南北打通を企図した作戦により,中国軍と戦った一連の戦闘。日本軍は北支那方面軍,中支那方面軍から7個師団 20万人を投入し,約 60万人の中国野戦軍の主力を包囲殲滅しようと試みた。5月 15~16日に徐州西方で包囲網を完成したものの,中国軍が小部隊ごとに脱出したので果せなかったが,19日に徐州を占領し,同年秋の武漢攻略戦にそなえた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

徐州会戦【じょしゅうかいせん】

徐州作戦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

徐州会戦の関連キーワードマキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ