コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐葆光 じょ ほこう

2件 の用語解説(徐葆光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徐葆光 じょ-ほこう

?-1723 清(しん)(中国)の官僚。
1719年琉球尚敬王の冊封(さくほう)副使として,正使海宝(かい-ほう)とともに琉球にわたる。詩文を通じて琉球の文人と交流をはかり,滞在中に見聞,調査してまとめた「中山(ちゅうざん)伝信録」は日本でもひろくよまれた。雍正(ようせい)元年死去。江蘇(こうそ)省出身。字(あざな)は亮直。号は澄斉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徐葆光

没年:雍正1(1723)
生年:生年不詳
18世紀の中国の官僚。字名は亮直。江蘇省長洲出身。康煕51(1712)年,殿試に合格し,翰林院の編修となる。同58年に琉球国の尚敬を 中山王に冊封する冊封副使として琉球へ渡航する。正使は海宝。約8カ月琉球に滞在し,琉球冊封使録の白眉とされる『中山伝信録』(1721)を著した。同書は,琉球への渡航,諭祭・冊封の儀礼,七宴,琉球国の地誌,官制,風俗,琉球語などを記録し,江戸や京都でも木版本が作成され,またフランス人宣教師によって翻訳されるなど琉球認識を形づくる上で重要な役割を果たした。<参考文献>『那覇市史』資料篇1巻3,矢沢利彦訳注『イエズス会士中国書簡集』5巻

(豊見山和行)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徐葆光の関連キーワード銭痩鉄東海張李鍾蒲室子呉椿江蘇省顧頡剛子游揚州

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone