コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒弟条例 とていじょうれい Statute of Apprenticeship

2件 の用語解説(徒弟条例の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徒弟条例
とていじょうれい
Statute of Apprenticeship

1563年エリザベス1世治世下のイギリスにおける産業保護を目的とした法律。「職人条例」とも呼ばれる。全 35条から成り,雇人の雇用期間は1年以上とする,解雇および期間満了時は治安判事の承認を必要とする,農耕経営者に労働力を供給する,徒弟期間は7年とする,治安判事,市長らが賃金高を定めるなどのことが規定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徒弟条例
とていじょうれい
Statute of Apprentices

1563年に制定されたイギリスの労働立法。「職人、日雇、農事奉公人および徒弟に対する諸命令に関する法律」の略称で、職人条例ともよばれる。1351年の労働者条例以降の労働諸立法を集大成しつつ、新たな労働立法として制定された。最高賃金を法で定める原則は維持されたが、旧来の全国画一的な法定最高賃金制にかわって、各州の治安判事による裁定賃金制が採用された。また、旧来特権都市で行われていた7年間の徒弟制を全国的に強制施行させるとともに、徒弟制の諸要件を立法化した。資本主義初期のマニュファクチュア時代の基本的労働立法となったが、産業革命を経て、1813年に賃金条項が、14年に徒弟条項が廃止された。[富沢賢治]
『岡田与好著『イギリス初期労働立法の歴史的展開』(1970・御茶の水書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徒弟条例の関連キーワードエリザベスエリザベス様式エリザベスカラークイーンエリザベス二世号エリザベスウオーククイーンエリザベスウオークエリザベスI世エリザベス:ゴールデン・エイジクイーンエリザベス2世ステークスミセスエリザベスマフィン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone