コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒跣 カチハダシ

4件 の用語解説(徒跣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かち‐はだし【×跣】

履物をはかないで地面を歩くこと。はだし
「ズボンを膝の上までたくし上げ、靴をぶら提げて―になっていたが」〈谷崎細雪

と‐せん【徒×跣】

[名](スル)はだしで歩くこと。素足(すあし)。
「王者は―してここに来り」〈鴎外訳・即興詩人

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かちはだし【徒跣】

はだしで歩くこと。はだし。 「足袋も穿かねば艸履もなく、-にて来るありさま/当世書生気質 逍遥

とせん【徒跣】

( 名 ) スル
履物を履かないで歩くこと。かちはだし。はだし。 「厳冬風雪の中に、-して羅馬の城門に立つこと三日三夜/文明論之概略 諭吉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone