コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒跣 カチハダシ

4件 の用語解説(徒跣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かち‐はだし【×跣】

履物をはかないで地面を歩くこと。はだし
「ズボンを膝の上までたくし上げ、靴をぶら提げて―になっていたが」〈谷崎細雪

と‐せん【徒×跣】

[名](スル)はだしで歩くこと。素足(すあし)。
「王者は―してここに来り」〈鴎外訳・即興詩人

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かちはだし【徒跣】

はだしで歩くこと。はだし。 「足袋も穿かねば艸履もなく、-にて来るありさま/当世書生気質 逍遥

とせん【徒跣】

( 名 ) スル
履物を履かないで歩くこと。かちはだし。はだし。 「厳冬風雪の中に、-して羅馬の城門に立つこと三日三夜/文明論之概略 諭吉

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徒跣の関連キーワード探り足素足足袋跣甚だしい素跣跣行履初め跣で逃げる素人はだし