コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒跣 カチハダシ

デジタル大辞泉の解説

かち‐はだし【×跣】

履物をはかないで地面を歩くこと。はだし
「ズボンを膝の上までたくし上げ、靴をぶら提げて―になっていたが」〈谷崎細雪

と‐せん【徒×跣】

[名](スル)はだしで歩くこと。素足(すあし)。
「王者は―してここに来り」〈鴎外訳・即興詩人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かちはだし【徒跣】

はだしで歩くこと。はだし。 「足袋も穿かねば艸履もなく、-にて来るありさま/当世書生気質 逍遥

とせん【徒跣】

( 名 ) スル
履物を履かないで歩くこと。かちはだし。はだし。 「厳冬風雪の中に、-して羅馬の城門に立つこと三日三夜/文明論之概略 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徒跣の関連キーワード魏志倭人伝(読み下し)当世書生気質仁王重兵衛履き物鰥庄三

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android