御供養料(読み)ごくようりょう

献辞辞典の解説

御供養料

供養を頂いたことに代えてという意味合いがあり、 仏教での法要時において、供養としての読経をあげて頂いた寺院や僧侶に対して贈る謝礼表書き献辞(上書き)に用いられます。「供養」とは、故人御霊冥福を祈るために行う回向のことを言いますが、浄土真宗(本願寺派・大谷派など)では教義の違いにより用いられません。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android