御供養料(読み)ごくようりょう

献辞辞典の解説

御供養料

供養を頂いたことに代えてという意味合いがあり、 仏教での法要時において、供養としての読経をあげて頂いた寺院や僧侶に対して贈る謝礼表書き献辞(上書き)に用いられます。「供養」とは、故人御霊冥福を祈るために行う回向のことを言いますが、浄土真宗(本願寺派・大谷派など)では教義の違いにより用いられません。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android