御前崎(読み)おまえざき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御前崎(旧町名)
おまえざき

静岡県最南端の榛原(はいばら)郡にあった旧町名(御前崎町(ちょう))。現在は御前崎市の東南端を占める一地区。1955年(昭和30)御前崎村と白羽(しろわ)村が合併して町制施行。2004年(平成16)浜岡(はまおか)町と合併、市制施行して御前崎市となる。旧御前崎町は、国道150号が通じ、区域南端を形成する岬の御前崎は、遠州灘(えんしゅうなだ)と駿河(するが)湾を分ける隆起海食台地である。東方沖合い約3キロメートルに暗礁があり古くから遭難船が多く、現在は白亜の灯台が岬に立つ。マグロ、カツオの遠洋漁業が盛んで、メロン、トマト、花卉(かき)栽培も行う。御前崎港は重要港湾に指定(1975)され、おもに木材や貨物などの集積を行っている。また、潮干狩もできる。[川崎文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御前崎の関連情報