コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御前崎[町] おまえざき

百科事典マイペディアの解説

御前崎[町]【おまえざき】

静岡県南部,榛原(はいばら)郡の旧町。標高40m内外の隆起海食台を占め,岬端に御前崎灯台がある。御前崎港を中心に集落が発達,近海漁業,野菜・花卉(かき)などの栽培を営むが,遠洋漁業は御前崎港が不便なため焼津清水を根拠地とする。
→関連項目駿河湾

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おまえざき【御前崎[町]】

静岡県南部,榛原郡の町。人口1万1769(1995)。遠州灘と駿河湾とを分ける御前崎に位置する。農業と漁業の町で,温暖な気候を生かして,メロン,トマトなどの園芸作物や茶,タマネギ,スイカなどが栽培される。漁場にも恵まれ,カツオ,シラスなどの沿岸・近海漁業が行われ,遠洋漁業も盛んである。1968年御前崎遠州灘県立自然公園に指定された前後から,御前埼灯台(1874初点)付近を中心に県下有数の観光地に発展,古くからの漁港である御前崎港も避難港として整備され,その後,地方港湾,国際貿易港,重要港湾へと進展を続けている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

御前崎[町]の関連キーワード焼津[市]清水[市]三稜石

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android