コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼津[市] やいづ

2件 の用語解説(焼津[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

焼津[市]【やいづ】

静岡県南部,駿河湾西岸の市。1951年市制。大井川扇状地北東部と瀬戸川下流の低湿地を占める。全国有数の水揚高を上げるマグロカツオ遠洋漁業基地として知られる焼津港が中心で,鮮魚を全国に出荷するほか,つくだ煮,缶詰,かつお節などの水産加工業が発達。
→関連項目御前崎[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やいづ【焼津[市]】

静岡県中部にある市で,日本有数の水産業都市。1951年市制。人口11万5931(1995)。市域の大部分が朝比奈川と瀬戸川の沖積地で,北部に高草山などの山地がある。江戸時代より海運・漁業の町として栄えたが,1889年の東海道本線開通や,明治末から大正にかけての動力漁船の導入,漁場の拡大によって第2次大戦前には水揚高日本一の漁港に成長した。戦後は1951年に人工掘込み港の焼津漁港が完成,大規模な魚市場も設置され,マグロ,カツオなどの遠洋漁業の基地として整備された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

焼津[市]の関連キーワード朝倉下呂塩釜湾栃尾小美玉嘉麻宮古由布牧之原産地市場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone