コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼津[市] やいづ

百科事典マイペディアの解説

焼津[市]【やいづ】

静岡県南部,駿河湾西岸の市。1951年市制。大井川扇状地北東部と瀬戸川下流の低湿地を占める。全国有数の水揚高を上げるマグロ・カツオ遠洋漁業基地として知られる焼津港が中心で,鮮魚を全国に出荷するほか,つくだ煮,缶詰,かつお節などの水産加工業が発達。
→関連項目御前崎[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やいづ【焼津[市]】

静岡県中部にある市で,日本有数の水産業都市。1951年市制。人口11万5931(1995)。市域大部分が朝比奈川と瀬戸川の沖積地で,北部に高草山などの山地がある。江戸時代より海運・漁業の町として栄えたが,1889年の東海道本線開通や,明治末から大正にかけての動力漁船の導入,漁場の拡大によって第2次大戦前には水揚高日本一の漁港に成長した。戦後は1951年に人工掘込み港の焼津漁港が完成,大規模な魚市場も設置され,マグロ,カツオなどの遠洋漁業の基地として整備された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

焼津[市]の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎市川崑木下恵介久松静児マキノ雅広ANZUS条約稲垣浩大庭秀雄社会福祉法

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android