コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御印/御徴 オシルシ

デジタル大辞泉の解説

お‐しるし【御印/徴】

(御印)形だけでほとんど価値のないさま。また、量が少ないさま。「―程度の警備」「ほんの―ですから、どうかお受け取りください」
(御徴)分娩開始の徴候としてみられる、血の混じったおりもの。子宮口が開き、卵膜の一部が剝離するためにおこる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

御印/御徴の関連キーワード松丸 東魚花愛でまし前田利次前田利常山田常嘉おりもの白八汐子宮口徴候警備水橋伏木御璽

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android