御厠(読み)おかわ

精選版 日本国語大辞典「御厠」の解説

お‐かわ ‥かは【御厠】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① (「かわ」は「かわや(厠)」の) 子供または病人用の楕円形の便器おまる
※俳諧・大坂独吟集(1675)上「雨だれの落くる風や引ぬらん おかはもあらひ戸障子もさせ〈意楽〉」
② 江戸時代の雑俳で楕円形をしている物をいう。
(イ) 芝神明祭(九月一一日から二一日まで続く東京都港区芝大神宮の祭)の生薑市(しょうがいち)で売られた千木笥(ちぎばこ)(=小判形で飴を入れた)。
※雑俳・柳多留‐三四(1806)「ちっぽけなおかは生姜にくくしつけ」
(ロ) (便器の蓋に形が似ているところから) 大判、小判をいう。
※雑俳・柳多留‐四二(1808)「御玄関小用の過料おかはなり」
(ハ) めくりカルタの丸札。
※雑俳・軽口頓作(1709)「わるいぞや・尻の下からおかわの二」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御厠」の解説

お‐かわ〔‐かは〕【×厠】

《「おかわや」の略》持ち運びのできる便器。おまる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android