御役(読み)おやく

精選版 日本国語大辞典「御役」の解説

お‐やく【御役】

〘名〙 (「お」は接頭語)
※洒落本・傾情知恵鑑(1783)「此本をひろげてお役のやうに見て居る仕舞の切に」
② 芝居の役。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「喜代さんも、今日(けふ)は早くお役をお仕舞だね」
③ 月役(つきやく)をいう女房詞月経
※雑俳・柳多留‐九一(1826)「日勤(にっきん)の妾御役で非番なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android