御徒目付(読み)おかちめつけ

精選版 日本国語大辞典の解説

おかち‐めつけ【御徒目付】

〘名〙 江戸幕府の職名。目付の支配に属す。組頭に統率され、文書の起案、旧規調査、探索、城内番所監督、玄関取締りや評定所、牢獄などへの出役、将軍出御の道触れなどに従う。
※政談(1727頃)二「其外坊主・御徒・御徒目附・伊賀の類、何ぞ一色頼めば礼をする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報