出役(読み)しゅつやく

精選版 日本国語大辞典「出役」の解説

しゅつ‐やく【出役】

〘名〙
① (━する) 江戸時代、本のほかに、臨時に他の職務を兼ねること。また、その役人
※御触書天保集成‐七四・天明八年(1788)一二月「浅草御蔵奉行之儀、大御番より之出役」
② (━する) 役目のために出張すること。また、その役人。
※地方弁要(1822頃)一「一江戸より陣屋迄出役支度金、元〆は金弐両弐分」
③ (━する) 役目上の会議に出席すること。また、その人。出座。
※評定所書留‐三・天保一一年(1840)九月一三日(古事類苑・法律五八)「臨時御寄合は、出役人数立合御寄合之通に有之候処」
④ 関東取締出役(でやく)略称。出役のうち、特に有名であったため、しばしばこの称が用いられた。
※地方落穂集追加(1843‐45頃)五「一 出役のもの廻村先にて盗賊召捕」

で‐やく【出役】

〘名〙
① 江戸時代、本役を持つものが、そのままで、臨時に他の務に服すること。また、その役人。しゅつやく。広く、本業以外の公的な役回り役職などのことをもいう。
落語お若伊之助(1897)〈三代目春風亭柳枝〉「出役(デヤク)に出る度には〈略〉吝(しみ)ったれな真似するなよ」
② 職務上の出張。出張勤務。また、その役人。しゅつやく。
③ 会議に出席すること。また、その人。出座。しゅつやく。
④ 「かんとうとりしまりでやく(関東取締出役)」の略称。①のうち、特に重要であったため用いられた略称。しゅつやく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出役」の解説

しゅつ‐やく【出役】

役目のために出張すること。また、その役人。
「尚政府よりも…ほか九人海岸見分けんぶんとして—あり」〈条野有人・近世紀聞〉
江戸時代、本役を持っているが臨時に他の役を兼ねること。また、その役。

で‐やく【出役】

江戸幕府職制で、本職を持つ者が、臨時に他の職を兼ね勤めること。しゅつやく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android