コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出役 シュツヤク

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐やく【出役】

役目のために出張すること。また、その役人。
「尚政府よりも…外(ほか)九人海岸見分(けんぶん)として―あり」〈条野有人・近世紀聞〉
江戸時代本役を持っている者が臨時に他の役を兼ねること。また、その役。

で‐やく【出役】

江戸幕府の職制で、本職を持つ者が、臨時に他の職を兼ね勤めること。しゅつやく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅつやく【出役】

役目のために出張すること。また、その役人。
江戸時代、役人が臨時の職務を兼ねること。また、その役。
「関東取締出役でやく」の略。

でやく【出役】

江戸時代、幕府・諸藩で行われた一種の兼任制度。すでにある地位にあるものが、臨時または半ば恒久的に別の職務を執行すること。幕府職制の場合、特に関東取締出役をさすことがある。しゅつやく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出役の関連キーワード八州廻り桑山十兵衛あばれ八州御用旅佐々木只三郎大前田英五郎小石川養生所関東取締出役飯岡助五郎小幡甚三郎中島三郎助文政の改革乙骨太郎乙勢力富五郎長楽園山左大田南畝桂川甫策八州廻り八州回り真下晩菘江戸幕府神田孝平

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出役の関連情報