コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出役(読み)シュツヤク

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐やく【出役】

役目のために出張すること。また、その役人。
「尚政府よりも…外(ほか)九人海岸見分(けんぶん)として―あり」〈条野有人・近世紀聞〉
江戸時代本役を持っている者が臨時に他の役を兼ねること。また、その役。

で‐やく【出役】

江戸幕府の職制で、本職を持つ者が、臨時に他の職を兼ね勤めること。しゅつやく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅつやく【出役】

役目のために出張すること。また、その役人。
江戸時代、役人が臨時の職務を兼ねること。また、その役。
「関東取締出役でやく」の略。

でやく【出役】

江戸時代、幕府・諸藩で行われた一種の兼任制度。すでにある地位にあるものが、臨時または半ば恒久的に別の職務を執行すること。幕府職制の場合、特に関東取締出役をさすことがある。しゅつやく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出役の関連情報