コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御所山県立自然公園 ごしょざんけんりつしぜんこうえん

1件 の用語解説(御所山県立自然公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御所山県立自然公園
ごしょざんけんりつしぜんこうえん

山形・宮城両県の県境にまたがる御所山 (船形山ともいう。 1500m) を中心とした自然公園。面積 135.15km2。 1951年指定。尾花沢市の南東部,東根市の東部を占める。前船形山,柴倉山,白髪山などから成る山塊と丹生川の峡谷を中心に,ブナの原生林,銀山温泉やテツギョ (鉄魚) のいる若畑沼などを含める。御所山の頂上はハイマツでおおわれ,かつては真言宗系の修験者たちの霊場であった御所神社がある。登山口としては,渓谷美の特にすばらしい尾花沢市鶴子口の層雲峡コース,雄大な山岳景観を探勝できる東根市観音寺口などがある。特に黒伏山の約 300mの大岩壁はロッククライミングの場としても有名。クマやテンなどの野生動物の多い地域。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone