コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀山温泉 ぎんざんおんせん

3件 の用語解説(銀山温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀山温泉
ぎんざんおんせん

山形県尾花沢市,尾花沢盆地の東縁,奥羽山脈麓,銀山川に沿う温泉。泉質は食塩泉。泉温は約 44~65℃。慶長年間 (1596~1615) に開発された延沢銀山に働く炭坑員たちが湧泉を発見し,入浴したのが始りとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕銀山温泉(ぎんざんおんせん)


山形県尾花沢(おばなざわ)市、銀山川の渓谷にわく国民保養温泉。奥羽(おうう)山脈の山ふところに抱かれた鄙(ひな)びた風情の湯治場。上流0.5kmに近世初めに栄えた延沢(のべさわ)銀山の廃坑洞があり、見学できる。含硫黄-ナトリウム-塩化物泉。泉温64℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀山温泉
ぎんざんおんせん

山形県東部、尾花沢(おばなざわ)市にある温泉。奥羽山脈の山麓(さんろく)にあり、16世紀初頭に栄えた野辺沢(のべさわ)銀山の鉱夫が発見したという。銀山川の両岸に大正時代の洋館をしのばせる旅館が建ち並び、湯治場の雰囲気をいまも残している。泉質は硫黄泉。銀坑跡や白銀(はくぎん)の滝がある。国民保養温泉地に指定されている。JR奥羽本線大石田駅からバス便がある。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀山温泉の関連キーワード尾花沢市尾花沢山形県尾花沢市芦沢山形県尾花沢市五十沢山形県尾花沢市尾花沢山形県尾花沢市山形県尾花沢市銀山新畑山形県尾花沢市中町山形県尾花沢市延沢山形県尾花沢市梺町

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銀山温泉の関連情報