御挨拶(読み)ごあいさつ

精選版 日本国語大辞典 「御挨拶」の意味・読み・例文・類語

ご‐あいさつ【御挨拶】

〘名〙 (「ご」は接頭語)
① 「挨拶」をていねいにいう語。
人情本・縁結娯色の糸(1839‐48)二「何と申されても致し方の御座らぬ所を、御堪弁の御挨拶(ゴアイサツ)で」
② (「とんでもない挨拶」の意) 自分の自慢や、相手の気にさわるような表現に対して、言われた側の人が皮肉をこめて受け答えしたりする時のことば。意外な言葉。あきれた文句
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)前「『おれがどうした。女が惚れるでうらやましいか』『いかなこっても御挨拶(ゴアイサツ)、ヲホホホ』」
青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「御挨拶ね! 何(ど)う人が悪くて? 私是でも深切の意(つも)りよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「御挨拶」の意味・読み・例文・類語

ご‐あいさつ【御挨拶】

挨拶あいさつ」の尊敬語謙譲語
挨拶4」に同じ。「何の用かとは、とんだご挨拶だね」
[補説]1で、「先生から御挨拶をいただきます」は尊敬語、「中元の御挨拶を申し上げます」は謙譲語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

推し

他の人にすすめること。また俗に、人にすすめたいほど気に入っている人や物。「推しの主演ドラマ」[補説]アイドルグループの中で最も応援しているメンバーを意味する語「推しメン」が流行したことから、多く、アイ...

推しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android