コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御朱印船 ゴシュインセン

デジタル大辞泉の解説

ごしゅいん‐せん【御朱印船】

朱印船

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごしゅいんせん【御朱印船】

近世初期の鎖国までの一時期に行われた官許の貿易船。徳川家康ら日本の為政者が東南アジア諸国の支配者あてに発行する異国渡海朱印状を持って、海外貿易に従事した。主として中国船と洋船の折衷式の大型帆船を使用した。船主は加藤清正らの大名と末次・角倉・末吉などの商人のほか外国人もいた。 → 奉書船ほうしよせん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御朱印船の言及

【朱印船】より

…〈御朱印船〉ともいう。朱印船とは近世初頭において政府から〈異国渡海御朱印状〉といわれる外国向け(正しくは南洋諸地域向け)の渡航証明書,あるいは船籍証明書を与えられて渡航した船舶をいう。…

※「御朱印船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御朱印船の関連キーワードコーチシナ朱印船貿易コーヒー冒険貸借末次船末吉船角倉船奉書船大湊

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御朱印船の関連情報