コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末吉 すえよし

8件 の用語解説(末吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末吉
すえよし

鹿児島県東部,曽於市南西部の旧町域。大淀川上流域にあり,北部で宮崎県都城市に接する。 1922年町制。 2005年大隅町,財部町の2町と合体して曽於市となった。東部は中生層の低山帯,中部と西部はシラス台地や丘陵地が広がり,大淀川がその間に谷を刻んで流れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すえよし〔すゑよし〕【末吉】

姓氏の一。
[補説]「末吉」姓の人物
末吉孫左衛門(すえよしまござえもん)

すえ‐きち〔すゑ‐〕【末吉】

おみくじで、あとになって開ける運のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末吉 すえよし

?-? 室町時代の刀工。
山城(京都府)の来(らい)派。明徳-応永(1390-1428)のころの人という(「古今鍛冶備考」)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

すえきち【末吉】

おみくじで、後になって開ひらける運のこと。

すえよし【末吉】

鹿児島県東部、曽於そお市の地名。大淀おおよど川上流域を占める。県畜産の中心地。

すえよし【末吉】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末吉
すえよし

鹿児島県東部、曽於(そお)郡にあった旧町名(末吉町(ちょう))。現在は曽於市の東部を占める。旧末吉町は1922年(大正11)町制施行。町名は古名「須美乃叡(すみのえ)」の転化という。2005年(平成17)大隅(おおすみ)町、財部(たからべ)町と合併、市制施行して曽於市となった。大淀(おおよど)川上流域の農村で、中心部低地は都城(みやこのじょう)盆地の一部。この中心部を国道269号が南北に走り、北部を国道10号が、東部を国道222号が通る。畜産王国鹿児島県の中核産地で肉牛、ブタを中心とし、食肉処理を行う南九州畜産興業は当地域の重要な企業である。[田島康弘]
『高木秀吉編『末吉郷土史』(1957・末吉町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末吉の関連キーワード鹿児島県曽於市大隅町荒谷鹿児島県曽於市大隅町岩川鹿児島県曽於市大隅町大谷鹿児島県曽於市大隅町坂元鹿児島県曽於市大隅町月野鹿児島県曽於市大隅町恒吉鹿児島県曽於市末吉町岩崎鹿児島県曽於市末吉町新町鹿児島県曽於市財部町北俣鹿児島県曽於市財部町南俣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

末吉の関連情報