コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末吉 すえよし

8件 の用語解説(末吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末吉
すえよし

鹿児島県東部,曽於市南西部の旧町域。大淀川上流域にあり,北部で宮崎県都城市に接する。 1922年町制。 2005年大隅町,財部町の2町と合体して曽於市となった。東部は中生層の低山帯,中部と西部はシラス台地や丘陵地が広がり,大淀川がその間に谷を刻んで流れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すえよし〔すゑよし〕【末吉】

姓氏の一。
[補説]「末吉」姓の人物
末吉孫左衛門(すえよしまござえもん)

すえ‐きち〔すゑ‐〕【末吉】

おみくじで、あとになって開ける運のこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末吉 すえよし

?-? 室町時代の刀工。
山城(京都府)の来(らい)派。明徳-応永(1390-1428)のころの人という(「古今鍛冶備考」)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すえきち【末吉】

おみくじで、後になって開ひらける運のこと。

すえよし【末吉】

鹿児島県東部、曽於そお市の地名。大淀おおよど川上流域を占める。県畜産の中心地。

すえよし【末吉】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末吉
すえよし

鹿児島県東部、曽於(そお)郡にあった旧町名(末吉町(ちょう))。現在は曽於市の東部を占める。旧末吉町は1922年(大正11)町制施行。町名は古名「須美乃叡(すみのえ)」の転化という。2005年(平成17)大隅(おおすみ)町、財部(たからべ)町と合併、市制施行して曽於市となった。大淀(おおよど)川上流域の農村で、中心部低地は都城(みやこのじょう)盆地の一部。この中心部を国道269号が南北に走り、北部を国道10号が、東部を国道222号が通る。畜産王国鹿児島県の中核産地で肉牛、ブタを中心とし、食肉処理を行う南九州畜産興業は当地域の重要な企業である。[田島康弘]
『高木秀吉編『末吉郷土史』(1957・末吉町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

末吉の関連情報