コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御杖[村] みつえ

1件 の用語解説(御杖[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みつえ【御杖[村]】

奈良県の東端,宇陀郡の村。人口2840(1995)。宇陀山地東端にあたり,北に室生火山群の古光(こごう)山(953m),南に高見山地があり,周囲を標高1000m級の山に囲まれる。西を除く三方は三重県に接し,名張川本・支流の源流地帯で,北流する神末(こうずえ)川,曾爾(そに)川などの谷沿いに集落が点在する。古くから伊勢参宮の道筋にあたり,近世には宿場として栄えた。村域の大部分が山林で,杉,ヒノキの原材やみがき丸太の生産が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御杖[村]の関連キーワード宇陀川宇陀宇陀紙阿騎宇陀山地宇陀路大宇陀宇陀路室生磐排別之子植田清一郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone