コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭姫命 ヤマトヒメノミコト

5件 の用語解説(倭姫命の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やまとひめ‐の‐みこと【倭姫命】

垂仁天皇の皇女。天照大神(あまてらすおおみかみ)の社を、伊勢五十鈴川(いすずがわ)のほとりに建てたと伝えられる。また、日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征の際、草薙剣(くさなぎのつるぎ)を授けて難を救ったという。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倭姫命 やまとひめのみこと

記・紀にみえる垂仁(すいにん)天皇の皇女。
母は日葉酢媛(ひばすひめの)命。「日本書紀」によれば,天照大神(あまてらすおおみかみ)を伊勢(いせ)(三重県)にまつり,伊勢神宮の初代斎宮(さいぐう)となる。東征にむかう甥(おい)の日本武尊(やまとたけるのみこと)に草薙剣(くさなぎのつるぎ)をあたえたという。「古事記」には倭比売命とあり,2代斎宮。倭建命(日本武尊)の東征にあたり,火打ち石のはいった袋もあたえたという。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

倭姫命

『古事記』『日本書紀』にみえる人物。日葉酢媛が生んだ,垂仁天皇の皇女。甥の日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が西征に出立する際に,伊勢神宮にいる彼女が自分の衣装をこれに与えたので,ヤマトタケルはそれで女装して敵を殺害することができ,また東征の際にも彼女が草薙剣と火打ち石の入った袋とを与えたので,ヤマトタケルはそれを用いて難を切り抜けることができたと『古事記』は伝える。この倭姫の名とヤマトタケルの名とがペアになっていることから,以上の話は,神の力を背景に勇者が国を平定したことを語るものだと考えられる。なお『日本書紀』には,倭姫は天照大神の託宣のとおり伊勢に祠と斎宮を建てたという,伊勢神宮の起源を語る伝承がみえ,倭姫と同神宮との間に密接な関係があることを示している。<参考文献>肥後和男『日本神話研究』,吉井巌『ヤマトタケル』

(佐佐木隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまとひめのみこと【倭姫命】

《日本書紀》垂仁朝に語られる伊勢神宮起源譚の主人公。垂仁天皇の娘,日本武(やまとたける)尊のオバにあたる。崇神朝に宮廷内からいったん倭の笠縫邑(かさぬいのむら)に遷されていた天照大神(あまてらすおおかみ)は,垂仁朝によりよき宮処を求めて東国諸国を遍歴した末,大和の東方伊勢度会(わたらい)の地に鎮座することになった。このとき大神の御杖代(みつえしろ)となったのがヤマトヒメであった。ヒメは景行朝まで伊勢神宮にあり,ヤマトタケルの西征東征にあたり,あれこれと助力する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倭姫命
やまとひめのみこと

垂仁(すいにん)天皇の皇女。母は皇后日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)。垂仁天皇25年、それまで倭(やまと)の笠縫邑(かさぬいのむら)で天照大神(あまてらすおおみかみ)を奉斎していた崇神(すじん)天皇の皇女豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)にかわって奉仕、さらによい鎮座地を求めて伊賀、近江(おうみ)、美濃(みの)、尾張(おわり)を経て伊勢(いせ)国五十鈴(いすず)川上に遷座したと伝承される。また、景行(けいこう)天皇の時代に日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の途中伊勢に寄ったとき、神意を受け草薙剣(くさなぎのつるぎ)を授け、「慎みて怠ることなかれ」と戒めて尊の危急を救ったと伝承される。現在三重県伊勢市倭町にその御陵伝承地があり、皇大神宮別宮の一として倭姫宮が1923年(大正12)創建された。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倭姫命の関連情報