御父つぁん(読み)おとっつぁん

精選版 日本国語大辞典「御父つぁん」の解説

お‐とっ‐つぁん【御父つぁん】

※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「おとん、まだ熱いものを」
※異端者の悲しみ(1917)〈谷崎潤一郎〉一「おつぁんだって私だって、その機械に手もつけた事はありゃしないんだよ」
[補注]例文の「」は、近世 tsa(ツァ)の音を表わそうとした表記。
[誌](1)「お」は接頭語、「つぁん」は接尾語で、オトトサマ→オトッサマ(オトトサン)→オトッサン→オトッツァンと変化してできた語。ただし「おとっさん」と表記されたものはオトッサン・オトッツァン両様の可能性がある。明治後期以降、「おとうさん」が一般化するまで最も広く用いられた呼称。
(2)「守貞漫稿」によれば、近世後期江戸の中層以上の町人、武家で使われた。待遇意識や幼児の片言の影響などのない場合には、オトッツァン━中層以上、チャン━下層というような階層的分化が大体認められる。
(3)同じく「守貞漫稿」によれば、近世後期上方では、中層町人以上はオトッサン(オトッツァン)、下層町人はトトサンを使用した。ただし、「随筆・皇都午睡」によると、特に幕末期の大坂では、オトッサン(またはオトッツァン)の使用が広がっていたようである。→「おっかさん」「おとうさん」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御父つぁん」の解説

お‐とっ‐つぁん【父つぁん】

《「おととさま」の音変化》子供が父を敬い、親しみをこめて呼んだ語。近世後期から中流以上の家庭で使われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android