御留守(読み)オルス

大辞林 第三版の解説

おるす【御留守】

「留守」の丁寧語。
留守に同じ。 攻めばかりで守りが-になる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐るす【御留守】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 外出して家にいないこと。または、留守番をすること。
※虎明本狂言・杭か人か(室町末‐近世初)「此ひろひお屋敷に、私一人はお留守がなりまらすまひ」
② 注意が他方にいっていて、ある方面に及んでいないこと。「おるすになる」の形で用いることが多い。
※浄瑠璃・心中宵庚申(1722)上「立かけのんこの頭(あたま)がち、裾はおるすの勝手見廻」
※大寺学校(1927)〈久保田万太郎〉一「あれで手がお留守になったんだわ」
③ 人の言うことが耳にはいらないこと。京阪地方でいう。〔新撰大阪詞大全(1841)〕
④ 腰の力がぬけるようす。ふらつく状態。京阪地方でいう。「おるすになる」の形で用いる。
※浄瑠璃・傾城阿波の鳴門(1768)六「お留守(ルス)になった留守居の腰、押し立ててこそは出でてゆく」
随筆・折たく柴の記(1716頃)下「此時に職奪はれんと議せられし御留守・大目付・町奉行等を始めて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android