コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大寺学校 オオデラガッコウ

3件 の用語解説(大寺学校の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおでらがっこう〔おほでらガクカウ〕【大寺学校】

久保田万太郎の戯曲。4幕。昭和2年(1927)発表。浅草の代用小学校が、明治末期の学制改廃という時代の推移の中で寂れていくようすを描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおでらがっこう【大寺学校】

久保田万太郎の代表的戯曲。4幕。1927年《女性》に連載,翌28年11月築地小劇場青山杉作演出で初演。のち築地座,歌舞伎,新派,文学座が上演。明治末の浅草の私立代用小学校が舞台。校長の大寺三平は土地の人々の人情を信じて姪と生きているが,彼は若い教師の峰が土地の魚屋〈魚吉〉の娘を叱ったことで親から苦情を言われる。三平がそれを峰に伝えたため峰は辞表を出した。三平のこうした気遣いにもかかわらず,〈魚吉〉が市立小学校建設の土地を提供するという噂が伝わり,三平は心を暗くする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大寺学校
おおでらがっこう

久保田万太郎の戯曲。4幕。自作の小説『黄昏(たそがれ)』(のち『くづれやな』と改題)を改作し戯曲としたもの。1927年(昭和2)1月号から4月号の『女性』に連載。翌年11月築地(つきじ)小劇場で、青山杉作の演出、友田恭助、汐見洋らによって初演された。明治末期の東京・浅草の大寺学校という代用小学校が舞台。老校長大寺三平は昔なじみの旧世界に生きている。三平は親類づきあいだと信じている「魚吉」の子供のことで若い教員峰と衝突、峰は辞職する。創立20周年の記念式典が済んだころ、老教師光長から三平は「魚吉」が市に土地を売り、その跡地に公立の小学校が建てられるという話を聞かされる。時代の流れに取り残される人間の悲哀を、きわめて完成度の高い文体で描いた写実戯曲の傑作である。[大笹吉雄]
『『久保田万太郎全集6』(1967・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大寺学校の関連キーワード久保田万太郎大場白水郎久保田耕民文学座三田文学安住敦木下夕爾車谷弘成瀬桜桃子増田竜雨

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone