御蝦蛄(読み)オシャコ

大辞林 第三版の解説

おしゃこ【御蝦蛄】

江戸時代の女性の髪形の一。元結で束ねた髪を前に返し、二分して根の前にさした笄こうがいの左右にかけ、余った毛先を返した髪に巻きつけたもの。シャコの胴に似ているのでいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐しゃこ【御蝦蛄】

〘名〙 (「お」は接頭語) 近世末期から明治にかけての女性の髪の結い方の一つ。うしろから髪の毛の全体を集めて前の方に丸く曲げ、左右に割って、その輪の穴に、横に簪(かんざし)をさしたもの。髷(まげ)の形が食用の蝦蛄(しゃこ)に似ているところから名付けられた。
※落語・化物(1896)〈四代目橘屋円喬〉「三ツ輪だのお蝦蛄(シャコ)だの〈略〉、様々な頭に化ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android