蝦蛄/青竜蝦(読み)シャコ

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐こ【××蛄/青蝦】

シャコ科の甲殻類。浅海の泥底にすむ。体長約15センチ。エビに似るが、平たく、腹部が幅広い。第2胸脚はカマキリのような捕脚になっている。北海道以南に分布。鮨種(すしだね)とする。 夏》「先生の馬に似し歯や―を食ふ/禅寺洞」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃこ【蝦蛄】

甲殻綱口脚目の節足動物。体長15センチメートル 内外。ややエビに似るが平たく、第二胸脚はカマキリの前脚のような鎌状の捕脚となる。体色は灰色がかった淡褐色。鮨種すしだねなどとして食用にする。北海道から台湾までの内湾の泥深い干潟に穴をあけてすむ。 [季] 夏。
[句項目] 蝦蛄で鯛を釣る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蝦蛄 (シャコ)

学名:Oratosquilla oratoria
動物。シャコ科の海産動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android