コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微分可能多様体 びぶんかのうたようたい differentiable manifold

1件 の用語解説(微分可能多様体の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

びぶんかのうたようたい【微分可能多様体 differentiable manifold】

可微分多様体ともいう。多様体のもっとも手近な例は地球のような球体の表面である。すなわち,地球は平面地図によって表されるとおり,それを局所的にみるときは,東西南北ないし右左上下一意に定まった座標を導入することが可能であるが,この座標を全体に過不足なく拡張することはできない。そこで,全体をおおうような数枚の地図を用意し,地図帳を作ることによって全体像を得ることが行われるわけであるが,一般の多様体も,ほぼこれと同じ考えの下に導入,定義される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の微分可能多様体の言及

【多様体】より

fpの逆写像fp-1fqの合成写像fqfp-1Rnの開集合fp(UpUq)からRnの開集合fq(UpUq)への写像であり,n個のn変数関数の組であるが,UpUqにおける二つの座標系fpfqの間の座標変換を与えている。この座標変換が,U(p)とU(q)が交わる場合には,いつでもr回微分可能(0≦r≦∞)な関数であるとき,Mr回微分可能多様体と呼ばれる。r=0の場合には,座標変換は連続性のみしか要求されずつねに成立しており,この場合が位相多様体であり,座標変換に対する微分可能性の要求は位相多様体に一つの構造を与えるものと考えられ,微分可能構造ともいわれる。…

※「微分可能多様体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

微分可能多様体の関連キーワード多様体微分幾何学広中平祐毛様体ポアンカレ予想森重文多様化脳幹網様体網様体みっともい・い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone