扈従(読み)こしょう

精選版 日本国語大辞典 「扈従」の意味・読み・例文・類語

こ‐しょう【扈従】

〘名〙 (「扈」はつきそう意、「しょう」は「従」の漢音) 貴人につき従うこと。また、その人。こじゅう。こそう。
経国集(827)一〇「五言。扈従聖徳宮寺一首」 〔司馬相如‐上林賦〕

こ‐じゅう【扈従】

〘名〙 =こしょう(扈従)〔広益熟字典(1874)〕
※火の柱(1904)〈木下尚江〉五「彼に扈従(コジュウ)せる婦人の聖き同情は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「扈従」の意味・読み・例文・類語

こ‐しょう【×扈従】

[名](スル)貴人に付き従うこと。また、その人。こじゅう。
殿上人上達部かんだちめがなお相当に―していて」〈谷崎・少将滋幹の母〉

こ‐じゅう【×扈従】

[名](スル)こしょう(扈従)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android