扈従(読み)こしょう

精選版 日本国語大辞典「扈従」の解説

こ‐しょう【扈従】

〘名〙 (「扈」はつきそう意、「しょう」は「従」の漢音) 貴人につき従うこと。また、その人。こじゅう。こそう。
※経国集(827)一〇「五言。扈従聖徳宮寺一首」 〔司馬相如‐上林賦〕

こ‐じゅう【扈従】

〘名〙 =こしょう(扈従)〔広益熟字典(1874)〕
※火の(1904)〈木下尚江〉五「彼に扈従(コジュウ)せる婦人の聖き同情は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「扈従」の解説

こ‐しょう【×扈従】

[名](スル)貴人に付き従うこと。また、その人。こじゅう。
「殿上人や上達部かんだちめがなお相当に―していて」〈谷崎・少将滋幹の母〉

こ‐じゅう【×扈従】

[名](スル)こしょう(扈従)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android