コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誹諧初学抄 ハイカイショガクショウ

3件 の用語解説(誹諧初学抄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はいかいしょがくしょう〔ハイカイシヨガクセウ〕【誹諧初学抄】

俳諧論書。1冊。斎藤徳元著。寛永18年(1641)刊。俳諧式目を定め、連歌と俳諧の違いを解説。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいしょがくしょう【誹諧初学抄】

俳諧論書。斎藤徳元著。1641年(寛永18)1月成立・刊。横本1冊。奥書に,著者が江戸において君命を受け,たびたび辞退をしたが許されず,連歌の式目に倣い〈其趣(おもむき)ばかり〉を記したとある。内容は,連歌にまさる俳諧の五つの徳を挙げ,次いで〈物にたとへば,連歌は能,誹諧は狂言〉と連俳の特質を述べ,なかでも詞なだらかで心に興を含む〈心の俳諧〉を重んじた点は卓見である。本書は江戸における俳書出版の嚆矢(こうし)で,その反響は大きく,《天水抄》や《氷室守(ひむろもり)》に,また三浦浄心の《順礼物語》にも五徳が引用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はいかいしょがくしょう【誹諧初学抄】

俳諧論書。一冊。斎藤徳元著。1641年刊。俳諧の式目・本質、一句の仕立て方・付け方、四季の詞・恋の詞などについて述べ、「心の俳諧」を説く。江戸における俳書刊行の嚆矢こうしとされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誹諧初学抄の関連キーワード斎藤徳元末吉道節坂上松春油糟高島玄札宇陀法師塵塚誹諧集俳諧十論俳諧問答はなひ草

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone