誹諧初学抄(読み)ハイカイショガクショウ

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいしょがくしょう【誹諧初学抄】

俳諧論書。斎藤徳元著。1641年(寛永18)1月成立・刊。横本1冊。奥書に,著者が江戸において君命を受け,たびたび辞退をしたが許されず,連歌の式目に倣い〈其趣(おもむき)ばかり〉を記したとある。内容は,連歌にまさる俳諧の五つの徳を挙げ,次いで〈物にたとへば,連歌は能,誹諧は狂言〉と連俳の特質を述べ,なかでも詞なだらかで心に興を含む〈心の俳諧〉を重んじた点は卓見である。本書は江戸における俳書出版の嚆矢(こうし)で,その反響は大きく,《天水抄》や《氷室守(ひむろもり)》に,また三浦浄心の《順礼物語》にも五徳が引用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいかいしょがくしょう【誹諧初学抄】

俳諧論書。一冊。斎藤徳元著。1641年刊。俳諧の式目・本質、一句の仕立て方・付け方、四季の詞・恋の詞などについて述べ、「心の俳諧」を説く。江戸における俳書刊行の嚆矢こうしとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はいかいしょがくしょう ‥ショガクセウ【誹諧初学抄】

俳諧論書。一冊。徳元著。寛永一八年(一六四一)刊。和漢連歌の式目に準じて俳諧の式目を定め、同時に俳諧の本質・品格を論じ、一句の仕立てようを説き、「心の俳諧」を重んずべきことを述べる。次に「四季の詞(ことば)(ならびに)恋の詞」の部では春夏秋冬の季題を初中末に分類して解説を加え、恋の心をふくむことば八〇余を列挙し、それに関連して和漢の美女、好色の男四九人について記し、それらの恋句における扱い方を説いている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android