コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誹諧初学抄 ハイカイショガクショウ

デジタル大辞泉の解説

はいかいしょがくしょう〔ハイカイシヨガクセウ〕【誹諧初学抄】

俳諧論書。1冊。斎藤徳元著。寛永18年(1641)刊。俳諧式目を定め、連歌と俳諧の違いを解説。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいしょがくしょう【誹諧初学抄】

俳諧論書。斎藤徳元著。1641年(寛永18)1月成立・刊。横本1冊。奥書に,著者が江戸において君命を受け,たびたび辞退をしたが許されず,連歌の式目に倣い〈其趣(おもむき)ばかり〉を記したとある。内容は,連歌にまさる俳諧の五つの徳を挙げ,次いで〈物にたとへば,連歌は能,誹諧は狂言〉と連俳の特質を述べ,なかでも詞なだらかで心に興を含む〈心の俳諧〉を重んじた点は卓見である。本書は江戸における俳書出版の嚆矢(こうし)で,その反響は大きく,《天水抄》や《氷室守(ひむろもり)》に,また三浦浄心の《順礼物語》にも五徳が引用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいかいしょがくしょう【誹諧初学抄】

俳諧論書。一冊。斎藤徳元著。1641年刊。俳諧の式目・本質、一句の仕立て方・付け方、四季の詞・恋の詞などについて述べ、「心の俳諧」を説く。江戸における俳書刊行の嚆矢こうしとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

誹諧初学抄の関連キーワード歳時記貞門俳論

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android