コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳山 とくやま

5件 の用語解説(徳山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳山
とくやま

山口県南東部,徳山湾にのぞむ地域。旧市名。 1935年市制。 1955年向道村,1966年都濃町を編入。 2003年新南陽市,熊毛町,鹿野町と合併し周南市となった。中心市街地の徳山は毛利氏城下町として繁栄,明治維新以後一時衰微したが,1904年に海軍煉炭所 (のちの燃料廠) が設置されてから活況を取り戻した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

徳山
とくやま

岐阜県西部,揖斐川最上流部にある旧村名。両白山地の南西斜面にあり,木材,木製品を産出していた。徳山ダム建設に伴い,集落のほとんどが水没するため,住民はすべて離村し,1987年藤橋村に,2005年揖斐川町に編入された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とくやま【徳山】

山口県南東部にあった市。平成15年(2003)新南陽市、熊毛町、鹿野町と合併し、周南市となる。もと毛利氏の支藩の徳山藩の城下町。湾岸は工業化が明治中期以降から始まり、現在では石油化学工業が発達。→周南

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とくやま【徳山】

岐阜県西端,揖斐(いび)郡の旧村。1987年,藤橋村に編入。揖斐川最上流域の山村で,標高1200m級の山々が広く分布し,冠峠,高倉峠を境として福井県に接する。中世以降は徳山氏の領地で,徳山城跡が残る。低地に乏しく,集落は川沿いに点在する。農業は自給的で,林業が盛ん。現在,揖斐川に徳山ダム(2002年竣工予定)が建設されている。【上田 雅子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳山の関連情報