コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳山 とくやま

5件 の用語解説(徳山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳山
とくやま

山口県南東部,徳山湾にのぞむ地域。旧市名。 1935年市制。 1955年向道村,1966年都濃町を編入。 2003年新南陽市,熊毛町,鹿野町と合併し周南市となった。中心市街地の徳山は毛利氏城下町として繁栄,明治維新以後一時衰微したが,1904年に海軍煉炭所 (のちの燃料廠) が設置されてから活況を取り戻した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

徳山
とくやま

岐阜県西部,揖斐川最上流部にある旧村名。両白山地の南西斜面にあり,木材,木製品を産出していた。徳山ダム建設に伴い,集落のほとんどが水没するため,住民はすべて離村し,1987年藤橋村に,2005年揖斐川町に編入された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくやま【徳山】

山口県南東部にあった市。平成15年(2003)新南陽市、熊毛町、鹿野町と合併し、周南市となる。もと毛利氏の支藩の徳山藩の城下町。湾岸は工業化が明治中期以降から始まり、現在では石油化学工業が発達。→周南

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とくやま【徳山】

岐阜県西端,揖斐(いび)郡の旧村。1987年,藤橋村に編入。揖斐川最上流域の山村で,標高1200m級の山々が広く分布し,冠峠,高倉峠を境として福井県に接する。中世以降は徳山氏の領地で,徳山城跡が残る。低地に乏しく,集落は川沿いに点在する。農業は自給的で,林業が盛ん。現在,揖斐川に徳山ダム(2002年竣工予定)が建設されている。【上田 雅子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とくやま【徳山】

山口県南東部、周南市の地名。近世、長州藩の支藩毛利氏の城下町、山陽道の宿場町。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳山の関連キーワード岐阜県揖斐郡池田町岐阜県揖斐郡岐阜県揖斐郡大野町岐阜県揖斐郡揖斐川町岡岐阜県揖斐郡揖斐川町小津岐阜県揖斐郡揖斐川町小野久瀬〈村〉岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見岐阜県揖斐郡揖斐川町長良岐阜県揖斐郡揖斐川町和田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳山の関連情報