コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳山 とくやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳山
とくやま

山口県南東部,周南市中央部の旧市域。徳山湾に臨む。1935年市制。1955年向道村,1966年都濃町を編入。2003年新南陽市,熊毛町,鹿野町と合体して周南市となった。中心市街地の徳山は毛利氏城下町として繁栄,明治維新以後一時衰微したが,1904年に海軍煉炭所(のちの燃料廠)が設置されてから活況を取り戻した。第2次世界大戦で壊滅的な戦災を受けたが,戦後は燃料廠跡に製油所が建設されたのをはじめ,ソーダ,セメント,鉄鋼などの工業が復興,今日では周南工業地域の中心となり,西郊の新南陽にかけて石油化学コンビナートが成立。徳山下松港は 1965年に特定重要港湾に,2011年に国際拠点港湾に指定された県下一の工業地域。市街地東部に住宅団地が建設され,北部で小規模な農林業が行なわれる。西日本最大級の菅野ダム,市立動物園,湯野温泉などがあり,八代のナベヅルおよびその渡来地は国指定特別天然記念物。須々万の大玉スギは国の天然記念物に指定。地域の一部は瀬戸内海国立公園に属する。JR山陽本線と山陽新幹線が通り,櫛ヶ浜で岩徳線を分岐。山陽自動車道をはじめ,国道2号線,188号線,315号線など道路網も整備されている。

徳山
とくやま

岐阜県西部,揖斐川最上流部にある旧村名。両白山地の南西斜面にあり,木材,木製品を産出していた。徳山ダム建設に伴い,集落のほとんどが水没するため,住民はすべて離村し,1987年藤橋村に,2005年揖斐川町に編入された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とくやま【徳山】

山口県南東部にあった市。平成15年(2003)新南陽市、熊毛町、鹿野町と合併し、周南市となる。もと毛利氏の支藩の徳山藩の城下町。湾岸は工業化が明治中期以降から始まり、現在では石油化学工業が発達。→周南

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とくやま【徳山】

岐阜県西端,揖斐(いび)郡の旧村。1987年,藤橋村に編入。揖斐川最上流域の山村で,標高1200m級の山々が広く分布し,冠峠,高倉峠を境として福井県に接する。中世以降は徳山氏の領地で,徳山城跡が残る。低地に乏しく,集落は川沿いに点在する。農業は自給的で,林業が盛ん。現在,揖斐川に徳山ダム(2002年竣工予定)が建設されている。【上田 雅子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とくやま【徳山】

山口県南東部、周南市の地名。近世、長州藩の支藩毛利氏の城下町、山陽道の宿場町。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

徳山の関連キーワード碧の海~LONG SUMMER~岐阜県揖斐郡揖斐川町東横山山口県立徳山高等学校徳山クラウン争奪戦スノーパーク面白山臨済の喝徳山の棒山口県周南市徳山ニューくにさき日新製鋼[株]徳山(岐阜県)トクヤマ[株]徳山(山口県)山口県周南市赤松 安子児玉源太郎藤橋〈村〉高村 坂彦さくら心中徳山[市]赤松 照幢

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳山の関連情報