コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青原行思 せいげんぎょうしQing-yuan Xing-si

3件 の用語解説(青原行思の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青原行思
せいげんぎょうし
Qing-yuan Xing-si

[生]?
[没]開元28(740)
中国,唐の禅僧。吉州安城に生れ,六祖慧能の門下。南岳懐譲とともに慧能の法を継いだ。姓は劉氏。吉州青原山に住んだところから青原行思と呼ばれ,彼の禅の流れは青原下と呼ばれ南岳下と相並んで南宗禅の二大系統である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいげんぎょうし【青原行思 Qīng yuán xíng sī】

671‐738か740
中国,唐代中期の禅僧。江西吉州の人。姓は劉。弘済大師。若くより曹渓の六祖慧能に参じて,その禅をうけ,江西青原山の浄居寺を中心に禅客を教化した。弟子に石頭希遷が出て,南岳懐譲(なんがくえじよう)をうける馬祖道一に対して,その法を湖南に広めたことから,江西湖南の南方禅の源流となる。古くは,同門の神会(じんね)に対し七祖とよばれた。伝説資料以外,詳しい史伝を欠く。最近《青原山志略》によって年寿が確認され,青原山寺およびその大廟である浄居寺の所在も明らかになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青原行思
せいげんぎょうし
(671?―738/740)

中国、唐代の禅僧。中国禅宗第六祖慧能(えのう)の法嗣(ほうし)(弟子)。諡号(しごう)は弘済禅師(こうさいぜんじ)。俗姓は劉(りゅう)氏。吉州(江西省)安城の人。幼くして出家、曹渓宝林(そうけいほうりん)寺(南華寺)で慧能に参じ、悟りを開いてその法を嗣(つ)ぐ。のち吉州の青原山静居(じょうご)寺(吉安市郊外)で禅風を振るい、門弟を育成した。その遠孫から曹洞(そうとう)宗、雲門(うんもん)宗、法眼(ほうげん)宗がおこり、同門の南岳懐譲(なんがくえじょう)下から臨済(りんざい)宗、(いぎょう)宗が出て、中国禅宗の五家(ごけ)といわれた。弟子から仏法の大意を問われ、「盧陵(ろりょう)の米の値はいくらか」と答えたという話は有名。優れた法嗣に石頭希遷(せきとうきせん)がいる。開元(かいげん)26年(一説に28年)12月13日寂。[松田文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

青原行思の関連キーワードザイド派藤原広嗣藤原広嗣の乱郷里制トルクメニスタン三重・鈴鹿関跡中京都構想はしか五社神古墳雑穀の生産量

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone