徳本行者(読み)とくほんぎょうじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳本行者
とくほんぎょうじゃ

[生]宝暦8(1758).6.22. 紀伊
[没]文政1(1818).8.10.
江戸一行院の浄土宗の僧。俗姓は田伏氏。天明4 (1784) 年往生寺大円について出家,のち諸国を行脚し,民衆の教化に努めた。萩原,有田山などで草庵生活をおくり,念仏門の弘道に励んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android