コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徽典館 きてんかん

世界大百科事典内の徽典館の言及

【甲斐国】より

…廻国修行を発願し木食戒をもって各地に千体仏を刻んだ木喰行道の活動も有名である。幕府が設立した官学として徽典(きてん)館があるが,それは1796年(寛政8)ころ創設された甲府学問所に発し,1805年(文化2)大学頭林衡(たいら)の命名になる。また郷学としては石和代官山本大膳によって22年(文政5)に設置された由学館をはじめ,37年(天保8)の松声堂,42年の興譲館があいついだ。…

【甲府勤番】より

…町方支配を補佐するのが町年寄である。 勤番支配の業績として特記すべきものに徽典館(きてんかん)の設立がある。これは1796年(寛政8)大手勤番支配近藤政明が山手勤番支配永見為貞とはかって,勤番士とその子弟の教育のため幕府の許可を得て創立した甲府学問所がはじめで,1805年(文化2)大学頭林衡(たいら)によって徽典館と命名され,43年(天保14)に山手勤番支配酒井忠誨(ただみち)・大手勤番支配浅野長祚(ながとし)により学舎を大手門前に新築したものである。…

※「徽典館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

徽典館の関連キーワード乙骨太郎乙田辺 太一吉岡 順作中村 正直浅川 敏靖永峰 秀樹伊藤 うた藩学一覧岩瀬忠震田辺太一前島庸政友野霞舟塩谷簣山乙骨耐軒田辺石庵甲斐国林鶴梁松前藩

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android