コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心性本浄説 しんしょうほんじょうせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心性本浄説
しんしょうほんじょうせつ

仏教用語。衆生の心の本性はその本来の姿においては清浄であり染汚を離れているとする説。現実の心は煩悩によってけがされているが,それは偶然に付着したちりのようなものであるから,客塵煩悩という。この心性本浄,客塵煩悩の説は部派仏教では大衆部の説とされるが,大乗になるとこの自性清浄心は如来蔵心,仏性と名づけられて,おもに如来蔵系統の経論に盛んに説かれた。 (→本覚 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone