心算(読み)しんさん

精選版 日本国語大辞典「心算」の解説

しん‐さん【心算】

〘名〙 (「しんざん」とも)
(しんちゅう)の計画。こころづもり。心計胸算用。〔広益熟字典(1874)〕
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「巴比陀は二人に将来の心を陳べ」 〔潘岳‐楊荊州誄〕
② 暗算(あんざん)。心計。
※新編教育学(1894)〈湯本武比古〉四「又音話によりて授くべき教授、例へば修身、歴史、心算の如きは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「心算」の解説

しん‐さん【心算】

心の中の計画。心積もり。胸算用。「心算が狂う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android