コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心肺蘇生術 しんぱいそせいじゅつcardio‐pulmonary resuscitation

世界大百科事典 第2版の解説

しんぱいそせいじゅつ【心肺蘇生術 cardio‐pulmonary resuscitation】

心臓や肺の機能が著しく低下あるいは停止して,呼吸や拍動が停止し,死にしたとき,心肺機能を回復させて蘇生させる処置をいう。まず呼吸機能障害や呼吸停止に対しては人工呼吸を行い,心臓機能を回復させるために心臓マッサージを行う。心機能が不整脈によって低下または停止している場合は,叩打やペースメーカーまたは電気的除細動を行う。同時に循環の状態や呼吸状態をチェックするために,心電図や血圧測定装置でモニターを行うとともに,呼吸状態を知るために血液中の酸素・二酸化炭素分圧の測定を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の心肺蘇生術の言及

【救急医療】より


[病院搬入前の手当て,病院への搬送]
 救急医療は病気やけがが発生した現場から始まる。発生現場において,家族,通りかかった人,到着した救急隊員などによって応急手当や心肺蘇生術がどの程度効果的に行われるかが,患者の回復や生命を大きく左右する。けがの場合,事故発生から30分以内に死亡する人は,けがによる全死亡者の約41%を占めるという報告がある。…

※「心肺蘇生術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

心肺蘇生術の関連キーワード心肺機能

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心肺蘇生術の関連情報