忌(み)月/斎月(読み)イミヅキ

デジタル大辞泉の解説

いみ‐づき【忌(み)月/斎月】

心身を忌み慎むべき月。正月・5月・9月の称。→三長斎月(さんちょうさいがつ)

き‐げつ【忌月】

忌日(きにち)のある月。祥月(しょうつき)。命月(めいげつ)。きづき。

き‐づき【忌月】

きげつ(忌月)」に同じ。
「三月(やよひ)は故宮(こみや)の御―なり」〈・少女〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐げつ【忌月】

〘名〙 忌日のある月。命日のある月。命月。祥月。きづき。
※菅家文草(900頃)四・八月十五日夜思旧有感「菅家故事世人知、翫月今為忌月期
※栄花(1028‐92頃)若ばえ「故上の御忌月なりければ、内の大臣はむげに参らざらんはおぼつかなくゆかしとて」 〔南史‐張融伝〕

き‐づき【忌月】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android