コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祥月 しょうつき

5件 の用語解説(祥月の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祥月
しょうつき

一周忌を意味したが,のちに死者の毎年の死亡した月をいうようになった。祥の語は『礼記』にいう大祥に始るという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐つき〔シヤウ‐〕【祥月】

一周忌以後において、故人の死去した月と同じ月。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうつき【祥月】

一周忌以後の死亡した月のこと。追善供養の仏事を行う。688年(持統2)に国忌のことが定められて以来,祥月のことが見られるようになった。そして聖武天皇の一周忌が東大寺で行われた。光明皇后の場合に限って毎年の祥月に仏事が行われたが,一般的には一周忌のみであった。平安時代の半ばになって〈祟り(たたり)〉という名において,毎年の祥月に国忌が行われるようになった。鎌倉時代から室町時代にかけては,三十三回忌まで行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうつき【祥月】

人の死後一周忌以降の、故人の死んだ月と同じ月。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祥月
しょうつき

故人の死亡した日を忌日(きにち/きじつ)といい、年に一度巡ってくる死亡月の忌日を祥月命日という。祥月は正忌月のことで、正月(しょうつき)と書くべきであるが、年の始めの正月(しょうがつ)と間違えやすいので、儒礼でいう小祥忌(しょうしょうき)(一周忌)、大祥忌(三回忌)の祥をとって祥月と書くようになったものである。祥月命日の仏事はすでに11世紀に京都の貴族の間で営まれていたが、庶民の間に一般化されるのは15世紀以降のことである。[藤井正雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祥月の関連キーワード頓写年忌一周忌回忌国忌消息経祥月命日追善供養累七年忌法要

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祥月の関連情報