コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祥月 しょうつき

5件 の用語解説(祥月の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祥月
しょうつき

一周忌を意味したが,のちに死者の毎年の死亡した月をいうようになった。祥の語は『礼記』にいう大祥に始るという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうつき【祥月】

一周忌以後の死亡した月のこと。追善供養の仏事を行う。688年(持統2)に国忌のことが定められて以来,祥月のことが見られるようになった。そして聖武天皇の一周忌が東大寺で行われた。光明皇后の場合に限って毎年の祥月に仏事が行われたが,一般的には一周忌のみであった。平安時代の半ばになって〈祟り(たたり)〉という名において,毎年の祥月に国忌が行われるようになった。鎌倉時代から室町時代にかけては,三十三回忌まで行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祥月
しょうつき

故人の死亡した日を忌日(きにち/きじつ)といい、年に一度巡ってくる死亡月の忌日を祥月命日という。祥月は正忌月のことで、正月(しょうつき)と書くべきであるが、年の始めの正月(しょうがつ)と間違えやすいので、儒礼でいう小祥忌(しょうしょうき)(一周忌)、大祥忌(三回忌)の祥をとって祥月と書くようになったものである。祥月命日の仏事はすでに11世紀に京都の貴族の間で営まれていたが、庶民の間に一般化されるのは15世紀以降のことである。[藤井正雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祥月の関連情報