祥月(読み)しょうつき

世界大百科事典 第2版の解説

しょうつき【祥月】

一周忌以後の死亡した月のこと。追善供養の仏事を行う。688年(持統2)に国忌のことが定められて以来,祥月のことが見られるようになった。そして聖武天皇一周忌が東大寺で行われた。光明皇后の場合に限って毎年の祥月に仏事が行われたが,一般的には一周忌のみであった。平安時代の半ばになって〈祟り(たたり)〉という名において,毎年の祥月に国忌が行われるようになった。鎌倉時代から室町時代にかけては,三十三回忌まで行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうつき【祥月】

人の死後一周忌以降の、故人の死んだ月と同じ月。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祥月
しょうつき

故人の死亡した日を忌日(きにち/きじつ)といい、年に一度巡ってくる死亡月の忌日を祥月命日という。祥月は正忌月のことで、正月(しょうつき)と書くべきであるが、年の始めの正月(しょうがつ)と間違えやすいので、儒礼でいう小祥忌(しょうしょうき)(一周忌)、大祥忌(三回忌)の祥をとって祥月と書くようになったものである。祥月命日の仏事はすでに11世紀に京都の貴族の間で営まれていたが、庶民の間に一般化されるのは15世紀以降のことである。[藤井正雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐つき シャウ‥【祥月】

〘名〙
① 人の死後一周忌以降の、死去した月と同じ月。昔はその月中を忌日として、すべてをつつしんだ。
※随筆・玉勝間(1795‐1812)二「今祥月といふも、正日の例にて、正月(しゃうつき)なるべきを、然書きては、月次の正月にまぎるる故に、祥の字は書くにもあらむか」
※明月記‐健仁二年(1202)正月二五日「参大炊御門旧院。今日御正月也」
浮世草子日本永代蔵(1688)一「去年のけふぞ親仁の祥月(シャウツキ)とて旦那寺に参りて」
[語誌]①の挙例の「玉勝間」にもあるように、昔、親、先祖の死んだ日を月ごとに忌日とし、命日を他の月の日と区別して正日といい、その正日のある月というところから「正月(しょうつき)」と書いたが「しょうがつ」とまぎらわしいので、中国の小祥、大祥の「祥」の字を借りて「祥月」となったのだという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android