コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍び寄る シノビヨル

デジタル大辞泉の解説

しのび‐よ・る【忍び寄る】

[動ラ五(四)]気づかれないように、そっと近づく。「枕元にそっと―・る」「背後に―・る黒い」「―・る秋の気配」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しのびよる【忍び寄る】

( 動五[四] )
相手に気付かれぬように近寄る。 「敵の陣地に-・る」 「悪の手が-・る」 「 - ・る秋の気配」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

忍び寄るの関連キーワードマルク(Herman Francis Mark)ヘラー(Hermann Heller)クリーピング・インフレーションクリーピングインフレーションマルクス・アウレリウスエリザベス(1世)ストーカー規制法インフレーション密か・私か・窃か化学物質過敏症エイン ランドストーカー行為日本資本主義アルバーロ生物学兵器ストーカーアビス朝源氏物語這い寄るインフレ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍び寄るの関連情報