コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩み寄る アユミヨル

デジタル大辞泉の解説

あゆみ‐よ・る【歩み寄る】

[動ラ五(四)]
歩いていって近寄る。また、互いに近く寄る。「相手に二、三歩―・る」
意見や主張の違う双方が、条件などを譲り合う。折れ合う。「労使が―・ってストは回避された」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あゆみよる【歩み寄る】

( 動五[四] )
歩いて近づく。 「一、二歩-・る」
互いに譲り合って、双方の主張や条件を一致する方向に近づける。 「労使が-・る」
[可能] あゆみよれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歩み寄るの関連キーワード米・イラン関係国際商品協定国民行動党シネチレルつかつか元老院歴史学斡旋加え両方

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歩み寄るの関連情報