コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍足左内 おしたり・さない

朝日日本歴史人物事典の解説

忍足左内

没年:明和8(1771)
生年:生年不詳
江戸中期の義民。明和7(1770)年安房国(千葉県)勝山藩(藩主・酒井忠隣)では,数年来不作の連続であった。特に平郡金尾谷,小原,白坂,深名の4カ村の被害は甚大で,4カ村の代表は,年貢減免を嘆願した。藩の実力者稲葉重左衛門は,私的理由から深名村のみの減免を認め,他を拒否した。残る3カ村の代表は,江戸藩邸への門訴を決行,この内の頭取のひとりが忍足左内である。彼らは,目的を達成できず,帰村したところを稲葉に捕縛された。失政の発覚を恐れる稲葉は,藩主の指示を無視し,入牢中の左内を死刑に処した。なお,左内は後世義民として顕彰され,石碑が建てられた。<参考文献>『房総通史』,『千葉県史』明治編

(須田努)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

忍足左内の関連キーワードお蔭参り山岡浚明シュレーダー新聞キャベンディッシュ杉田玄白土御門泰邦平賀源内自伝自伝文学