コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志手原焼 シデハラヤキ

大辞林 第三版の解説

しではらやき【志手原焼】

兵庫県三田さんだ市志手原で産した陶磁器。宝暦・明和(1751~1772)頃の創業という。盛時には青磁・染め付け・呉須赤絵などを産した。三田焼の先駆。1941年(昭和16)閉窯。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

志手原焼の関連キーワード陶磁器盛時

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android