コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染(め)付け ソメツケ

デジタル大辞泉の解説

そめ‐つけ【染(め)付け】

染めつけること。また、その色や模様。
藍色の模様を染め出した布地や衣服。
陶磁器の装飾技法の一。また、その陶磁器。白地に呉須(ごす)下絵付けをし、その上から透明な釉(うわぐすり)をかけて焼成すると、青色または青紫色に発色する。中国では元代に盛んになり、青花(せいか)・釉裏青(ゆうりせい)という。日本では江戸初期の伊万里焼に始まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

染(め)付けの関連キーワード加藤杢左衛門(2代)加藤村三郎(5代)加藤五助(2代)川本半治青木竜山ドーラン加藤新七平戸焼陶磁器亀熊呉須模様藍色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android