染(め)付け(読み)ソメツケ

デジタル大辞泉の解説

そめ‐つけ【染(め)付け】

染めつけること。また、その色や模様。
藍色の模様を染め出した布地や衣服。
陶磁器の装飾技法の一。また、その陶磁器。白地に呉須(ごす)下絵付けをし、その上から透明な釉(うわぐすり)をかけて焼成すると、青色または青紫色に発色する。中国では元代に盛んになり、青花(せいか)・釉裏青(ゆうりせい)という。日本では江戸初期の伊万里焼に始まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android